0795-32-2167
ダクトレールとは

昨今照明の形が多様化しいろいろな形で使われるようになってきました。

今回はプラグの種類の中でもダクトレールに焦点を当てたいと思います。

 

ダクトレールとは

ダクトレール照明とはどのようなものなのか。

スポットライトやペンダントライトを好きな位置につけることができ、複数の照明を設置することもできます。

一般的な丸形のシーリングライトと比べ、インテリアのこだわりが見える内装に仕上がりおしゃれです。

 

レール本体はこのようなものです。

一般的な引っ掛けシーリングタイプの照明は使用できません。

写真のものは天井電源に取り付けるタイプのダクトレールで工事不要でダクトレールプラグの照明器具を取り付けることができます。

 

もし天井の隙間をなくすようなすっきりした状態で使用するとなると工事が必要です。

このような形で天井にビスを打ち込む形で取り付けるのでご注意ください。

工事を要する場合お近くの施工会社様などにご相談いただくことをおすすめいたします。

 

 

取り付けられるプラグ

ダクトレールに取り付ける場合、取り付ける照明がこのようなプラグになっていることが必要です。

もし引っ掛けシーリングタイプの照明を取り付けたいということでしたら変換プラグもございます。

引っ掛けシーリングのものを簡単に取り付けられるので手軽に取り付けたい場合や、引っ掛けシーリングでおしゃれな照明見つけたけどダクトレールプラグのものがないなどの場合重宝します。

 

メリット

ダクトレールプラグの照明を使うことのメリットは以下のようなものになります。

 

おしゃれな空間を簡単に演出できる

模様替えがしやすい

取り付けが簡単

 

デメリット

工事が必要な場合がある(天井に穴をあけなければならない場合がある)

ワット数と耐荷重に上限がある

レールのデザインが限られる。(大体ホワイトとブラックの2色しかない)

 

まとめ

おしゃれな空間を演出するための照明はやはりダクトレールのほうが優れているかと思います。

気分の変化で照明の交換も容易ですので、内装をお考えの方はご検討いただければと思います。

 

 

 

 

 

照明についての豆知識
2020/11/13