0795-32-2167

OEM製品とはー村上工作所の商品開発ー

こんにちは。

村上工作所は照明のOEM受託メーカーとして近年まで成長を遂げてきました。

お客様はECショップ(ネットショップ)、小売店、商社、不動産会社、施工会社など様々です。

今回は村上工作所の商品開発も含めて、OEMの商品開発の可能性をお伝えしようと思います。

 

OEMとは

OEMとは【Original Equipment Manufacturing】

簡単に説明すると自社のオリジナルとして商品を作ることです。

 

自社のブランドをつくりたい、でも製造する方法がない。

そのようなときに製品を作るノウハウを持っている会社に、

委託する流れです。

 

最近では価格競争に勝てなくなったメーカー、もしくは小売店が、中国や東南アジアに製造をOEMの委託をするという

ネガティブな側面もありますが、安く生産できることや幅広く商材を広げることができるなどのメリットもあります。

 

コンビニや小売店などで品ぞろえ豊富な店が増えたのはそのようなことも一因です。

 

OEMのメリット

OEMでの生産はメリットも多いです。

1.材料などの在庫リスクが少ない

小ロットで委託できる工場も存在するため在庫リスクを軽減することができます。

倉庫も運営しているメーカーに依頼すれば直送してくれる場合もあります。

 

2.コストを抑えられる

製造を任せることにより仕入れ価格を抑えることができます。

ロット数量ごとに交渉が必要になります。

 

3.製造部門を持たない販売店でも自社ブランドを持つことができる。

製造を委託することにより、販売に集中しながら自分のブランドを持つことができます。

 

OEMのデメリット

一方でOEM生産のデメリットもあります。

 

1.製造のノウハウがたまらない

製造に関する技術の蓄積はないので、値上げなどの影響を大きく受けることになります。

 

2.委託先工場がライバルになる可能性がある

発注が増えると同じような製品を委託先がプライベートブランドとして販売に参入するケースもあります。

 

3.収益率が低くなる

元々メーカーとしてやってきたところは収益率が低下することになります。

 

村上工作所のOEM生産

弊社村上工作所の照明のOEMについて説明させていただきます。

1.デザインも提案

自社でオリジナルブランドを日々開発しているのでデザインの相談もさせていただきます。

35年間、開発、デザインを中心に照明の開発に取り組んできました。

 

2.弊社所有の倉庫にコンテナで入荷

一般的にOEMとなるとコンテナ単位で購入することも求められることが多いですが、

弊社商品との混載によりロット数量の交渉も協力工場にさせていただきます。

 

3.自社EC運営によるノウハウ

照明専門ショップ神戸マザーズランプを運営してきたことによる販売経験がございます。

もし販売にお困りの方やどのように販売するかお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

 

 

もしすこしでもご興味のある方はぜひお問い合わせよろしくお願いします。

お問い合わせ

 

 

コラム
2021/04/19